目標達成に必要なこと④

「目標と手段を混同していませんか?」

前回は、「決意」を固めるための手法について書きました。
思い立った瞬間に「決意」できるときもありますが、何度か自分に言い聞かせることが必要な場合もあります。

 やってみようと思ってみたけど、「決意」がなかなかできないというあなた。それも大切なことだと思います。
あなたの心(あるいは潜在意識や身体)が、あなたの決めた目標が本当はあなたが望んでいないものであることを、心が教えてくれているのかもしれません。

目標も、そして仕事もお金も名誉もすべて「手段」にしか過ぎません。
あなたはもしかしたら、「手段」と「目標」を混同していないでしょうか?

望んでいないゴールを目指してしまっては、行き着くところは下手をすると地獄かもしれません。

たとえば、「お金」。これ自体が目標になることはまずありません。
「お金」を使って本当は何を得たいのか。

「お金」を使って買う「もの」も何かを満たすための手段ですよね。
「名誉」のためにほしい方もいらっしゃるかもしれません。でも、なぜ「名誉」がほしいんでしょうね?その底になにか根本的に得たい状態があるのではないでしょうか?

おそらく多くの方が、「お金」を使って「安心」を得たいというのが本当のところではないでしょうか?

目標とは本来、「自分がどうありたいか」から派生する手段です。

自分の「あり方」を見つけるためには、自分と向き合うことが必要です。

「決意」や「あり方」については、まだまだ書きたいことがたくさんありますが、長くなってしまいましたのでまた別の機会に。

(次回からは営業やコミュニケーションのテクニックについても触れていきます)