俺はテクニシャンではないが、アイデアを組み合わせる達人だろう(ジミー・ペイジ) ~世界のCD総売り上げの話題もあり

「俺はテクニシャンではないが、アイデアを組み合わせる達人だろう」

僕が一番好きなバンド、LED ZEPPELINのギタリスト・プロデューサー。ジミー御大がおっしゃっています。

テクニシャンを目指す。

ついやってしまいがちな行動だと思います。

営業の場合、説明名人や資料作り名人を目指すといったようなイメージでしょうか。

いろいろな技を磨くこと自体が悪いわけではありませんが、相手の心に響くのは、

巧みなアイディアや提案の方だと思います。

こちらの方が根本に近い。

さらに、それをどんな気持ちで作っているのかも大事でしょうね。

人間は無意識にでも、相手の気持ちがわかっちゃいますからね。

そのうえで、テクニックがプラスアルファで加わればよりいいと思います。

あえて比べるなら、テクニックは方法論の一つでしかないんじゃないかな

さすがにジミー・ペイジは本質を突いているんじゃないかなと思わされる言葉でした。

その一つの現れとして、レッド・ツェッペリンのCD売り上げ枚数は、

ビートルズ(6億枚)

エルヴィス・プレスリー(6億枚)

マイケルジャクソン(3億~3.5億枚)

に次ぐ売上(3億枚)を誇っていることが証明しているんじゃないかな?

ちなみに同レベルの売り上げ枚数を誇るアーティストは、

マドンナ、エルトン・ジョン、A.R.ラフマーン(インド、ポップス)、ナナ・ムスクーリ(ギリシャ、ポップス・ジャズなど)、ティノ・ロッシ(フランス、ポップス)、フリオ・イグレシアス(スペイン、ポップス)。
テクニシャンの印象がある方はほとんどいませんね。
(曲を聞いたことがないミュージシャンもいるので断言はできませんが)

インドの歌手!びっくりしたけど、人口多いもんな…

2億枚台だとローリングストーンズ、AC/DC、マライアキャリー、ビージーズ、ピンク・フロイド、カラヤン(クラシック)、クイーン、セリーヌディオン など。

カラヤンさんが、ストーンズと同じくらい売っているとは!
こんなにセールスもできている人だったんですねぇ。

ちなみに日本ではB’zの8000万枚超がダントツ。ミスチル6000万枚、浜崎あゆみ・サザン・ドリカムあたりが5000万枚前後…AKB48が3000万枚といった具合だそうです。
(2015年末のデータ)

なんか後半話題が変わった気がしなくもないけど、とりあえず、調べるの楽しかったから良しとしようっと。( `―´)ノ

☆ビートルズ幻の日本公演2日間がライブ盤として発売!
びっくりです。著作権切れたのかな? 知らないレコード会社から発売ですね。

☆ストーンズの新譜もよさそうですね。名盤Sticky Fingers完全再現ライブ
ぜひ聞いてみたいです。