宴会・接待で使える小道具(小技)~カラオケ対策 上級編(前編)

前回の基礎編、結構アクセスいただけたようです。

読んでくださった方、まことにありがとうございます。<m(__)m>

今回、次回上級編です

基礎編のようにインスタント、というわけにはいきませんがなかなか効果があるものが多いと思います。

1.曲を決めておく。

2時間の会が一般的かと思います。120分で、1曲5分平均の所要時間だとしたら、全体で24曲になるわけです。参加者が4~5名とすると、ひとり当たり、4~6曲程度回ってくる計算になります。

日ごろから、比較的周りの反応が良かった曲をメモしておきます。

それを持ち歩くだけでも、曲選びに困らなくなります。間が空くと忘れちゃいますからね。終わった後に得意曲を思い出したりとか…(*_*;

もちろんスマホにメモを入れておくとか、歌の練習用のプレイリストを作っておけば、メモ代わりになりますよね。

ちょっと時間のあるときに、メモ用紙にが~っと書きだすというのも手かと思います。

2.曲順を決めておく

得意曲が決まったら、組み立てを考えましょう。

もちろん、参加者の傾向によって、必ずしも決めた順で歌わない方がいいこともありますが、多少の順番の変更や曲の入れ替えをすることで対応できる場合がほとんどです。

決めるのは3~4曲。

僕のオススメは、基本線、

 「多くの人が知っていて、ノリがいい曲」

→「他の人を巻き込む、芸を見せる」

→「落ち着く曲」(ちょっと喉を休ませる意味も含め)

→「場に合わせて選曲」

→「趣味の世界で自分を表現」

といった並びですかね。

もちろん、メンバーに合わせて、多少変えていきますよ。

仕事の段取りも一緒ですが、仮説を立てて対策を組み立てておけば、多少の変更があっても対応が楽なものです。

①一曲目=多くの人が知っていて、ノリがいい曲。

これが一番無難だと思います。まずはツカミからです。

声域に無理がなく、声出し代わりになるとよりいいですよね。

会の最初からバラードではなんか乗り切れない感じを与えることが多いですよね。もちろんバラードをめちゃ聞かせられる実力の持ち主は、この限りではありませんが…

古くは郷ひろみ「2億4千万の瞳」、ブルーハーツ「トレイントレイン」など。新しいものであれば、RADWIMPS「前前前世」などでしょうか。

ラルク・アン・シエル“Heaven’s drive”などもメンバーによってはいいかも。B’z、GLAY、サザン、ミスチルなども使える曲が多いと思いますが、メンバー次第ですよね。

そのときやっている「朝ドラの主題歌」や、女性ならアナ雪のテーマ“Let It Go”などもインパクトがありますね。そこくるか~みたいな。

僕の場合は、相手にもよりますが前述の「前前前世」、カブキロックス“OEDO”(沢田研二TOKIOのロックカバー曲)、RED WARRIORS“CASINO DRIVE”(Vo.ダイヤモンドユカイですね)、ウルフルズあたりがヒット率が高いと感じています。

相手が洋楽好きなら、Beatles“Twist And Shout”、SupremesやPhil Collinsが歌っている“Can’t Hurry Love(恋は焦らず)”、AHA“ Take On Me”などもノリがよくて誰もが一度は聞いたことのある曲です。

女性だと、Cindy Lauper“Girls Just Wanna Have Fun”やMadonna“Material Girl” などもいいかも。

ちょっと毛色の違うところで、氷川きよし「きよしのズンドコ節」なども、お相手によってはいいかもしれませんね。

基礎編にも書きましたが、発生不足の状態で、いきなりキーの高い曲をやると結構きついですから、その点もご留意くださいね。

それに、くどいようですが、「誰もが聞いたことがある」が一曲目の最大のポイントだと思ってください。とにかくツカミですから。

一度ツカミをうまくやれたら、そのあと1~2回ハズしても冷たい目で見られにくいです

一曲目を最重点です。事前によく考えて、2~3曲選んでおきましょう。

JOYSOUNDのHPにこういう特集もありましたので、参考になると思います。

カラオケで最初に歌う曲は決まっていますか?カラオケで1曲目に歌いたい曲特集です。自分の歌声に原曲のようなエフェクト(音響効果)が自動的にかかって聴き慣れた「アノ音」に近づく、オートボーカルエフェクト対応曲もピックアップ!

詳しくは次回書きますが、アクション等を付けられるとさらにいいですね。
だいぶ長くなりましたね。まとめ方が悪くスミマセン。次もありますから、お読みください。

②二曲目、三曲目

もう一曲、①と同路線の曲を用意しておきます。この時点で、だいたい他のメンバーが一度は歌った状態だと思いますので、その状況も加味して選曲しましょう。

一曲目のウケ方を見て選ぶのが良いと思いますが、基本線はまだ、ノリのいい路線の方がいいと思います。

早い時点で、次の曲を入れなくてはならない場合は、とりあえず、もう一曲ノリのいい曲で。二曲目は、一曲目ほどみんなが知っているにこだわらなくても大体いけますよね

二曲目もしくは三曲目はちょっと毛色の変わったところで。

僕は、デュエットかモノマネを入れることが多いですかね。
(モノマネは自分の宴会のネタバレになっちゃうので ひ・み・つ 笑)

デュエットでも、相手が知っている曲でないとなかなかコンビが組めませんが…

初めての人に頼んでもなんとか歌ってもらえることが多い曲は、

綾香×コブクロ“Winding Road”

https://www.youtube.com/watch?v=mE_jH0J0ClA

この曲のいいところは、自分が男性の高音(小渕)パートを覚えていれば、女性だけ、あるいは男性だけともデュエットできること。

3人で歌うときは、もう一人の男性に、女性パートのオクターブ下を歌ってもらえば、

かなり完成度の高いハーモニーに聞こえます(実際は単にオクターブ下を歌っているわけではないですけど…)

結構コンビやトリオを組めることも多いです。

新しいところだと、

ステップアップラブ(DAOKO×岡村靖幸)なんかも歌えたらカッコいいですよね。ちょっとアクションマネしたりして。

無理にデュエット曲でなくとも、AKB48の「365日の紙飛行機」のコーラスパートを覚えておけば、カッコいいコーラスになります。ハーモニーが一つのウリだったBEATLESやチューリップなどのコーラスを覚えておくのもいいですね。

コブクロやゆずのようなユニットの高い方を覚えておくと、一人で歌おうとする人が結構多いので、カッコよくコーラスを付けてあげることもできます。高い声が出なくても裏声で対応できれば、かなりサマになります。

コーラスをしてあげられたら、主旋律を歌っている人の歌を引き立てることができますから、接待などでも使えますよね。

最近はYoutubeなどの動画サイトに、コーラスパートだけの音源を上げている人も多いです。2~3曲覚えておくと、ウケがいいですよ。

モノマネができるものがあれば、ちょっとこの辺で入れてみたらアクセントになっていいと思います。

ウケを狙ってアニメ系なども。この場合も多くの人が知っている方が場が盛り上がっていいんですけど。

たとえば、新しいところで、ドラゴンボール超(スーパー)の主題歌。

氷川きよし「限界突破サバイバー」

歌手が意外で話題性がありますよね。演歌好きの方にもひんしゅくを買いにくいですね。

お相手の年代にもよりますが、マジンガーZ、デビルマン、ドラえもん、サザエさん、ポケモン、名探偵コナンなどの長年親しまれているアニメの主題歌などもねらい目かもしれません。

③四、五曲目

もうこのあたりで、周りは自分の趣味にはしっている場合が多いと思います。

そうなっていたら、その路線に合わせてもいいと思いますし、さらにモノマネレパートリーがある人はもう一曲いくのもありでしょうか。

僕なら、バンド時代にやっていた曲で一般にあまり知られてないけどパンチのある曲を一曲やるかなぁ。Led Zeppelin、Guns ‘n Roses、Hoobastank、Kula Shaker…。

もちろん、お相手がお客様の場合には、その方たちの好みそうなもの。演歌でも、こぶしをまわした歌い方ができないなら、前にも紹介した氷川きよし、吉幾三、ジェロ などの曲から選ぶと、POPS系の歌い方でもある程度通用します。

デュエットがウケたら、もう一曲やってみるとか、演歌が多ければ自分も合わせる。

日本の曲だとONE OK ROCK、Uverworldなど若手バンドにもカッコいい曲が多い人たちがいますね。
石川さゆりの「天城越え」を熱唱してみるとか、坂本冬美のPOPSカバー「また君に恋してる」「なごり雪」、「から選曲するなどの回避方法もあります。https://www.bing.com/videos/search?q=%e5%a4%a9%e5%9f%8e%e8%b6%8a%e3%81%88%e3%80%80%e5%8b%95%e7%94%bb&view=detail&mid=5469721BD4840F5C3B255469721BD4840F5C3B25&FORM=VIRE

坂本冬美さんとトータス松本さんのデュエットなども出ているんですね。これもいいかも。
(カラオケに入っているかどうかは未確認です)

やたら長くなりましたので、続きは次回( `―´)ノ