宴会・接待で使える小道具(小技)~カラオケ対策上級編(後編)

やっと後編。

想像以上に長くなっちゃいました。

そして年も越してしまって…  <m(__)m>

4.外したらキリのいいところで止める。

これはトレーニングはいらないんですが、もし万一ハズした~!ってとき。

たとえば、自分よりずっとうまい人が同じアーティストの曲を直前に入れていた。

飲んだ量が思ったより多くて、声が出なくなっていた。

他の人とあまりにも違う系統の歌で、場がシーンとなった…

こんな状況では、一番~二番のキリのいいところで曲を止めちゃいましょう。次曲でのリカバリーにかけるのです。

そのときは、黙って寂しげになってはいけません

とりあえず、元気に(曲によっては情感を込めて?)途中まで歌いましょう。

で、「ノドがげんか~い」、「この曲笑う(感動の涙を流す)ところなんだけどな~」とか言いながら、「よっしゃ~、次でリカバー」って、止めてしまいましょう。

そして、もちろん、リカバー曲の投入です!

5.ミックスボイスを覚える。

地声と裏声を合わせた声なんですけど、これは便利です。 地声の限界を越えた高い音域に対応できます。

飲んでも高い声なんとかなります

カンのいい人ならすぐにできるかもしれません。

Youtubeなどにボイストレーナーの方がビデオをアップしてくれていたりしますから、ぜひ一度見てみてください。

「ミックスボイス」と検索したらたくさんヒットしますよ(*´▽`*)

6.裏拍を取れるようにする。

日本人の手拍子は基本的に音頭と民謡なんだそうです。

トレーニングしないと、拍子の頭でしかリズムが捉えられない。 これに対し、西洋音楽(日本のPops、Rockなども含めて)は裏拍から音符があります。これを全部表拍で対応しようとするからキレが悪くなるのです

「ん、た、ん、た…」とリズムを表現したときの「た」に当たる部分。

これが取れるようになると、歌の入りはもちろん、音をのばしたり縮めたりも

カッコよくできるようになってきます。

こちらも、ネットで「裏拍 トレーニング」などと検索いただくと、いろいろな記事が載っています。

7.裏声の出し方

最近は男性の曲でも結構裏声を使うものが増えていますね。裏声は声を喉の上の方にぶつけるようなイメージで出します。 地声は息を口の方に出すイメージですよね。もっと音が高くなってくると、息の方向を後頭部の方へ変えていきます。こちらも、プロの方がYoutubeにビデオを沢山アップされています。 「裏声」と検索したらたくさん出てきますよ。

8.基礎編で書いたコツを周りに教える

もうこれは技じゃないんですが、一人だけ上達するより、みんなうまくなった方が場が盛り上がります。

基礎編で書いた、インスタントに歌を上達する方法をみんなに教えてあげましょう。

結構興味を持ってもらえることも多く、一緒に練習して盛り上がるケースもあります。

9.歌が苦手でも楽しめるルールを設定する

この場で説明するには、またまた長くなってしまうので、詳しいことはいつか改めて書きますが、歌が苦手な人でも楽しめるルールを提案します。

これがうまくいけば、みんなが盛り上がりますし、あなたはヒーローになれます。

たとえば、団体戦にする、事前に決めた点数のニアピンを競う、お金をかけて一周ごとに一位が賞金を総取りする…

ちょっと楽しそうじゃありませんか?

参加者全員を満足させる提案ができれば、歌が苦手でもヒーロー、ヒロインになれますよ~ ( `―´)ノ