ボールペンを復活させる方法

営業職の相棒ともいえるボールペン。
きっと一番使用する道具の一つですよね。

お気に入りのボールペンが書けなくなると、がっかりします。

僕もちょっと困りましたので、ネットであれこれ調べてみました。

せっかくなので皆様にもシェアします。

ボールペンが書けなくなるトラブルには下記の原因があるそうです。

  1. ボールペンを横向きや上向きにして使うと、空気が入り、インクが逆流する。

カバンの中で横になったボールペンの先が、カバンの内側にぶつかることでも起きる現象のようです。
だからキャップがあるんですね~。恥ずかしながら、初めて知りました。

2.ホコリや固まったインクでペン先が詰まっている。
全部これが原因だと思ってました…

3.3年以上経つと、インクの溶剤が蒸発して書きにくなっていく。

ボールペンも鮮度が大事だったんですね! (゚Д゚;)

4.ペン先の何らかのトラブル
これはあきらめるしかなさそうです。

対策としてはこんな方法があるそうです。

1.ペン先をきれいにする
ティシューペーパーの上でゆっくり字を書く。
四つ折りが一番良いそうです。
だいたい10秒程度を目安にゆっくり書きましょう。

たばこのフィルター部にペン先を押し付けて回す、ペン先を除光液に漬けて洗浄する、といった方法もあるそうです。

2.ボールペンを振る
水銀式の体温計をリセットするときにやる、あれですね。空気が入ったときの対策です。

3.ドライヤーやライターで温める。
インクが変質して余計に書けなくなる場合もあるそうです。ダメもとで、最後の手段として試してくださいね。てのひらで温める方法もあるそうです。
あなたのペンが無事復活することをお祈りしますね。

関連記事
フリクションボールペン 消した文字を復活させる方法
http://sasaki-h.com/post-1363/