気の弱い人は切り出し方を工夫しよう

(写真は日本海の夕日)

「ご予算はおいくらですか?」、「競合はどこですか?」…

ズバッと切出せる人がいます。しかも嫌味なく。

こういう人は、今回の記事を読んでいただく必要はあまりないかもしれませんね。

こういうタイプの人に、聞きにくいことをスパッと聞きますねぇ、と問いかけると、

「なんで聞いちゃいけないの?」と答えられることが多いです。

「聞かなきゃ進まないでしょ?」、「お互い必要な情報なんだから」などと。

僕のようなちょっと気弱な人間には、ちょっと聞きにくいなぁ、失礼じゃないかなぁなどと、ためらう場面なんですけど。

どこか考えすぎなんでしょうね。

とはいえ、マネしてみようかなと思っても、嫌味なく聞けるかなぁなどという懸念も沸き上がってきます。

ちなみに、いまはある程度スパッと聞けるようにもなりました。

お客様のキャラクターやタイミングをみながら使い分けをしています。

これができるようになったのは、息を合わせる技ブレス・ミラーリング(*1)と人なつっこい雰囲気を醸し出す(*2)ことに慣れて自信がついたからですかね。

*1.ブレス・ミラーリングについては詳しくは著書に書いています。よかったら読んでみてくださいね。 http://amzn.to/2vAnWiL

*2.人なつっこい雰囲気については、こちら(↓)の記事をお読みくださいね。

営業に有利なキャラクター http://sasaki-h.com/post-491/

ただ、今でも、性格が変わったわけじゃありませんし、以前は聞き取りが不十分と先輩から指摘を受けたりしていました。

そこで、思いついたのが〔切り出しのバリエーションを増やす〕ことです。

「もし差し支えなければ…」

「差し支えない範囲で結構ですので、…」

「立ち入ったことをお聞きするようで申し訳ありませんが…」

「失礼かもしれませんが…」

「こちらも仕事ですので、良い提案をするために…」

「ちょっとでもヒントをいただけるとありがたいのですが…」

「たとえばこういうことでしょうか?…」

といった言い回しを使っています。

こうすることで、ワンクッションおけるので、お客様にも不意打ちにならないこと

そして、これを言ってしまったら、自分が続きの質問をせざるをえなくなること

(つまり、自分の背中を押すわけですね)

この2点において、有効だと思います。

さらに、誤前提提示という効果も発揮できます。

これについては、次回書きますので、ご興味のある方はまたご覧くださいね~。

( `―´)ノ