最優先事項 欲しいものがない時代~顧客は何を買ったらいいかわからない!

この記事をシェアする

この記事は 約 2 分 でお読みいただけます。

(なんか不思議な写真が撮れてしまいました(*^_^*) )

営業アドバイザー兼電子書籍作家・プロデューサーの佐崎秀樹です。
記事をお読みいただきましてありがとうございます。

少し前まで有効だった営業手法が通用しなくなってきている、
勝率が落ちてきているといった
お悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

今は「何を買ったらいいのかわからない」お客様が激増している時代なのです。

時系列に簡単に説明します。

高度経済成長期~バブル期 
モノが必要な時代でした。
売り込み型でも十分やっていけましたし、
勝率が上がらなくても、
需要が増えたので毎年数字を伸ばすことができました。

製品もそれほど複雑な機能を持っていませんでした。

 

バブル崩壊後 
よい提案をしないと売れない時代になりました。
製品の複雑化・多機能化が進んできました。

 

現在 
欲しいものがわからない時代です。
壊れたりしない限り、特にモノが必要なわけではありません。
また、製品はより複雑・多機能化してきています。

 

こうした時代に対応できる営業は、
お客様の身内になって、
問題を一緒に探したり、
サービスを一緒に作ったりするスタイル
です。

 

この点に気が付かないと、
どんどん時代とズレていきますよ。

ご自身の営業スタイルもそういった視点で見直してみてくださいね

 

お客様と手っ取り早く仲良くなる方法は、
僕の書籍でもたくさん紹介しています。

60個以上のテクニックをご紹介   Amazon kindle ビジネスマナー部門で上位継続中です。 「凡人」のための初対面でお客様の心をつかむ技法~17のシチュエーション別営業テクニック(佐崎秀樹)

Amazonで佐崎 秀樹の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

スポンサーリンク