宴会・接待で使える小道具(小技)~ パーティを盛り上げる仕掛け

営業コミュニケーションアドバイザー兼電子書籍作家・プロデューサーの佐崎秀樹です。

パーティ全体を盛り上げる仕掛け。前回の小道具も結構効果がありますが、人数がそれなり以上に多く、出し物などがある場合テーブルごとや近くの人同士にチームを組んでもらうことも盛り上がる要素の一つだと思います。

言ってしまえば、パーティ全体をチーム戦としてしまうわけです。
ゲーム、出し物などを点数化して合計点を競います

段取りはこんな感じ。

  1. 近くの人同士だいたい人数が均等になるようにチームを組んでもらう。 
    (4~5人のチームがやりやすいですね)
  2. もし初対面の人やなじみが少ない人たちが多い会なら、アイスブレイク(場の緊張感をときほぐす試み)自己紹介などを行ってみましょう。みんながよく知っている人同士ならこの項目は省略していただいてもあまり問題はありません。アイスブレイクの方法は次回書きますが、よく知っている人同士でも意外な面が見えたりして盛り上がることもありますから、工夫次第で十分効果を発揮します。

    一人1分のように時間を決めないと延々と続くことがありますから注意してください。

    営業コミュニケーションアドバイザー兼電子書籍作家・プロデューサーの佐崎秀樹です。   宴会やパーティのはじめに、緊張感が漂うこと...

  3. チーム名を決めてもらいましょう。何か制限をつけないと時間がかかりますから「2分以内に、カタカナ3文字で決めて下さい」といったようにルールを決めましょう。

 4.あとは、たとえば5チームあったとしたら、ゲームの順位で1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点などと基本的な配点を発表します。

 *30人参加の2時間程度のパーティで、ゲームやクイズは2~3項目くらいがいいところだと思います。意外に少ないですよね。
  歓談タイムなどを削れば可能ですが、これを楽しみに来ている人も多いですから削るとあとでクレームが出ることがあります。

 *場合によっては出し物なんかも点数に加える手もありますね。

5.可能なら、賞金を出すとさらに盛り上がります
僕の偏見かもしれませんが、女性の方がこの方式に熱中するように思います。
う~ん。たぶん偏見じゃないですね。

*賞金の集め方は、1人100円~500円ずつ徴収するとか、会費に少し上乗せしておくとか、参加者のキャラに応じて考えておいた方がいいかもしれませんね。

チーム対決パーティ、ぜひお試しください。( `ー´)ノ