逃げないヤツになりたかった…

この記事をシェアする

この記事は 約 3 分 でお読みいただけます。

 営業コミュニケーションアドバイザー兼電子書籍作家・プロデューサーの佐崎秀樹です。

 記事をご覧いただきましてありがとうございます。

  漫画ちはやふる(18巻)に、
こんな名言がありました。

 「先生おれは A級になるより 逃げないやつになりたい…」

(かるた部主将 真島太一のセリフ)

 いやー、このマンガ、
おじさんが読んでも響きます。

 映画やアニメはまだ見てないんですけど…。

 恥ずかしい話ですが、
僕は20代の頃、
同じように思っていて、
でも、なかなか抜けだせず苦しんだことがあります。

 僕は、法人向けにわりと高額な装置(数百万円~数億円)を提案するメーカー営業をやっていました。


 新入社員の頃、
わけもわからず取り組んでいたら、
新人にしてはちょっと売れちゃったんですよね。

 これがよくなかった。

 本当に情けない話なんですが、
商談で負けるのが怖くなっちゃたんです。

 行動に思い切りがなくなりました。 
 当然、結果が出なくなっていきました。

 こんな状態が続いて、でも立ち直れなくて…。

 そしたらさらに恐ろしいことに、
だんだんうまくいくことがこわくなっちゃったんですよね。

成功回避動機っていうらしいんですけど。

うまくいかない方が可愛がられると思っている、
失敗したときに自尊心が傷つけられることを軽減する
、という考え方です。

僕の場合は後者でした。

つまりは全力を出せない(出さない)

そのほうが、
ダメだったときに傷つかない。

だって、全力出してないし。

前回書いたように、「本気を出すことが幸せ」なのに…。

うすうす自分でも気づいていました。

そんな自分が嫌いでした。

 でも、こういう概念を知ったことで意識化でき、
少し立ち直るきっかけとなりました。

 あとは、ひたすら
「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…」
とエヴァンゲリオンのセリフの繰り返し。

否定形の文章は、脳が認識できない、
つまり、
逃げることをイメージしてしまう
とよく言われますから、
「チャレンジすることが楽しいんだ」
みたいに唱える方がよかったんでしょうけど。

このころはそれも知らなかったので、
ひたすら
「逃げちゃダメだ」
を繰り返しながら仕事をしていました。

それでも、ちょっとずつ効果は出てきました。

大きな転機は、

拙著
「凡人」のための初対面でお客様の心をつかむ技法~17のシチュエーション別営業テクニック

https://amzn.to/2G4nfWj

に詳しく書きましたが、

楽に死にたいと思い、
冬のコンクリートの上で寝っ転がっていたときです。(ちなみに、ぜんぜん楽じゃないっすよ)

かなり体が冷え切ってしまったころ、

死ぬのは日本一になってからでいい

目指すのは自分の勝手だ。
誰にも宣言しなきゃ恥をかくこともない」

という思いが降ってきたときでした。

 いまなら意識としてわかりますが、
自分をダメだと思い自分を責める人は、
こころの底でダメじゃないと思っている。

そんな自分からのメッセージだったのだと思います。

気付くの遅いよ、オレ(*_*;

スポンサーリンク